株式会社風技術センター

風技術センターについて

Our Advantage

風技術センターの強み

実験模型作成の風景

当社は建築分野の風洞実験用模型では国内トップのシェアを持ち、その模型を十分活用できる性能の風洞実験装置を企画、設計、製造しております。数を積み重ねた経験から、分かり得た知見を活かして最適解を導き出し、時にはお客様の難しいご要望を正面から受け止めながらも、スピーディーな納品を心がけております。
当社は、風洞も模型も実験者として使う立場からスタートした、日本初の風工学研究・コンサルタント業を前身としているため、「どこをどう工夫すれば」使い勝手のよい製品になるかを熟知しています。「風洞実験装置」も「実験模型」も、発注の段階から納品まで、数々の案件を実験者・研究者の方々と意見交換をしながら、共同作業のように作ってきたからできることなのです。

Business

事業領域について

高層ビルや橋梁など、新しい建築物を建てる際に、周辺環境にどのような風の影響があるかを分析する「風洞実験装置」の設計・製作部門と、その内部の試験体として、様々な計測データの収集に必要な「実験模型」制作部門の両輪で事業を展開しています。この2つの部門が互いに切磋琢磨し、かつしっかりと歩調を合わせることで、より快適な未来の都市環境づくりに貢献いたします。

  • 風洞実験装置

    風洞実験装置

    風洞実験装置には風路が閉ループ状になっていて風が回流する「ゲッチンゲン型風洞」と風路への空気の取入口と測定胴下流の吐出口とが解放されている「エッフェル型風洞」の2種類があります。
    「ゲッチンゲン型風洞」は省スペース・低コストでの設置が可能です。
    また、風だけにとどまらず、ヒートアイランド現象に対応する温度の分布や気流の拡散、着雪や雪の吹きだまり量、火炎の伝搬状況の再現、翼の気流等が計測可能な風洞も製作しています。

  • 実験模型

    実験模型

    計画されている建物と、そのまわりの街並みを1/300~1/500程度の縮尺で再現し、風環境や建物にかかる風圧、風力、振動のデータを計測するための模型です。正確な実験データを得るために、計画建物はミリ単位の精密さが求められ、周辺の建物も実際に現地を歩いて収集した情報を元に実験に求められる精度に再現します。長年の経験に培われた匠の技に加え、3Dプリンターといった最新技術を融合させることで、実験者・研究者のニーズに応える模型を提供し、都内の主な高層建物は弊社で制作実績があります。また、橋梁等の土木分野や、音響実験、環境実験など工学実験模型全般を制作しています。

Challenging

新分野への取り組みについて

CSRのメインビジュアル

都市環境の課題解決だけでなく、私たちの風洞技術はスポーツの分野でも貢献しています。スキージャンプやスピードスケート、自転車競技において、ウェアや競技姿勢の抵抗を測定する風洞実験装置を開発、納入しました。風洞実験には、選手の体をスキャンして作成した人体模型を使用し、ウェアの素材や形状、競技姿勢の違いによる空気抵抗の変化等の研究、そして記録の更新に役立てられています。ものづくりの技術と探求心を武器に、これからも新しい実験分野へのチャレンジを続けてまいります。